害獣たちから大切な農作物を守るとおせんぼnetは、誰もが簡単に設置できるよう研究された防護網です 鳥や獣の大きさや生態に合わせて、網の求められる強さや耐久年数、重さや価格を考え製品としました。 愛媛の田舎から、現場の声で鳥獣害対策が始まりました。生産者の笑顔が私たちの喜びです。北は、北海道。南は、沖縄までお送りしています。
新着情報・お知らせ もっと見る

PRODUCTS & MIND

「通せんぼネット」

大切な農作物を鳥獣から守るため、

誰もが簡単に設置できるよう研究された防護網です。

鳥や獣の大きさや生態に合わせて、網に求められる強さや耐久年数、重さや価格を考え製品化しました。

鳥や獣の大きさや生態に合わせて、網に求められる強さや耐久年数、重さや価格を考え製品化しました。

現場の声で、丈夫な漁網を生かし、新たな視点から鳥獣害対策網が始まりました。

現場の声で、丈夫な漁網を生かし、新たな視点から鳥獣害対策網が始まりました。

今では、北は北海道~南は沖縄までお送りしています。生産者の笑顔が私たちの喜びです。

今では、北は北海道~南は沖縄までお送りしています。生産者の笑顔が私たちの喜びです。

PRODUCTS

猪・鹿・猿・鳥などの

自然動物からの被害に

悩まされていませんか?

いわゆる【害獣】と言われている

自然動物たちの被害。


網によってお力になれるよう

日々努力しています。

網の構造的特性 独特の「たるみ」


網は「たるみ」により一点にかかる力が分散されます。この「たるみ」をもたせることで絡まりやすくなる効果があり、鳥獣対策にも力を発揮します。

漁業の現場でも実績が証明された網


水産養殖では、生簀網は大切な防護壁です。 魚の種類や大きさによって、地形や潮流によって、網の構造から網目まで考えなければいけません。鳥獣対策網も同じです。

耐久性



学校やゴルフ場のネットようなより耐久性が求められる現場でも、多くの利用者様にご活用いただいております。

誰でも簡単に設置



網の設置の基本は、ロープを伸ばし拡げることです。その為、基本ロープを通して初めての方でも設置しやすい製品を提供しています

網の修復をご自身で行うことが可能


網の破損の際にも、穴を塞ぐことで修理しながら、より長く使用していただくことが可能です。補修用の網針や糸をご用意しています。

網の知識や経験の勉強会の開催


動物の生態を学び、網を有効に使うことに励んでおります。利用者をまじえ、勉強会を開催するなど、情報共有の場をもうけさせていただいております。

MEDIA

メディアの実績紹介

5月3日愛媛新聞 掲載「ザ・うれすじ」

5月3日愛媛新聞 掲載「ザ・うれすじ」





その他過去の記事まとめ




MEDIA

その他過去の記事まとめ

平成3年から平成22年までの、
新聞・雑誌・TV・ラジオ掲載履歴

日付 掲載履歴
平成22年5月3日  愛媛新聞 掲載 「ザ・うれすじ」
平成19年8月1日  日本農業新聞 掲載 えひめ版
平成18年8月15日  FMえひめ 「えひめまるごと15分」
平成16年11月25日  NHK「ご近所の底力」出演 (愛媛にはTake2が取材に!)
平成15年4月 5日  日本農業新聞 掲載
平成13年 愛媛県商工会連合会 商工だより 会社紹介
平成12年 愛媛新聞 掲載 経営プラザ 会社紹介
平成11年7月5日 日本農業新聞 特用林産物の獣害  サル通せんぼ掲載
ーー 鹿児島県 大島新聞 トップにイノシシ通せんぼ掲載
平成8年7月号  サル通せんぼ 掲載 現代林業
サル通せんぼ 掲載 きんじん
平成7年 日本農業新聞 ストップ鳥獣害 鳥獣対策ネット紹介
平成6年 現代農業3月号 イノシシ通せんぼ 掲載
現代農業4月号 サル通せんぼ   掲載
現代農業5月号 カラスまいった  掲載
きんじ10月号  サル通せんぼ   掲載
ーー 産経・毎日・読売新聞
サル通せんぼ 三重県において 掲載
平成5年 日本農業新聞 カラスまいったネットの記事掲載
日本農業新聞 鳥獣対策特集 掲載
平成4年 日本海新聞に記事が載る。
NHKテレビ松山放送局、取材、放送
日本農業新聞  イノシシ通せんぼ 掲載
鹿児島県 大島新聞 トップにイノシシ通せんぼ 掲載
平成3年 朝日・毎日・産経新聞に猪対策用ネットが掲載。「イノシシ通せんぼ」と名づける。

法人のお客様 対策事例

シカ通せんぼ

東九州道(浦江~県境)
森崎地区3工区改良工事

WORKS

お取引・自治体・法人の皆様






全農・森林組合・国有林森林管理署・都道府県機関・市町村役場・企業・NPO法人 

など多数のお客様にご利用いただいています。

WORKS イノシシ

水稲の猪被害対策

対策事例・実績

設置場所 : 愛媛県愛南町
設置年月 : 平成19年7月
設置距離 : 165m


以下は、水稲の猪被害対策の事例です。
近くの田は、トタンを張ったりつぎはぎの網を張ったりしだしたので、何かないか探していたところ知り合いにすすめられて設置。道の反対側は、被害があった。
●毎年設置。
●大きな被害もなく無事利用。

畑の猪被害対策

対策事例・実績

設置場所 : 愛媛県愛南町
設置年月 : 平成21年5月
設置距離 : 375m

以下は、畑の猪被害対策の事例です。
長年畑として、利用されていなかったところなので、今回畑として利用するに当たり、猪の被害の警戒として設置。近くでイノシシを見かけている。大きな被害は、まだなかった。
●傾斜地なので網を利用。
●侵入の形跡ナシ。
●どちらかと言うと早めの予防的処置にての対応であった。
●ただし猪は出没中。

柑橘の猪被害対策

対策事例・実績

設置場所 : 愛媛県八幡浜市
設置年月 : 平成21年11月
設置距離 : 345m

以下は、柑橘の猪被害対策の事例です。
傾斜地なので対策資材設置に難航。簡易で効果的なものが求められる。
●効果アリ。
●県事務所と取組む。

柑橘の猪被害対策

対策事例・実績

設置場所 : 愛媛県宇和島市
設置年月 : 平成22年4月
設置距離 : 90m

以下は、柑橘の猪被害対策の事例です。
周りに猪の出没跡アリ。山の頂上により近い端のところ。対策の必要性必至である。
●被害軽減される。

WORKS シカ

熊笹の鹿被害対策
<足摺宇和海国定公園>

対策事例・実績


設置場所 : 愛媛県愛南町
設置年月 : 平成12年2月
設置距離 : 1,600m

以下は、熊笹の鹿被害対策の事例です。

篠山(1,064m)の代表的景観であるアケボノツツジとミヤコザサからなる群落において、10年程前からシカの食害により下草が減少する。

●篠山の外周にネットを設置。熊笹の保護。
●設置後、高さが低くかったところ侵入を確認。 補修する。
●笹の生育と共にシカ柵の管理も行っている。

法面緑化の鹿被害対策
<東九州自動車道>

対策事例・実績


設置場所 : 大分県佐伯市
設置年月 : 平成23年2月
設置距離 : 4,000m

以下は、法面緑化の鹿被害対策の事例です。
●建設中の高速道路。 法面の山からのシカ侵入防止策。

●網の高さ及び垂らしによる侵入効果が認められる。
●資材、図面・認証・検品。施工前、施工後写真。資料作成する。
●国交省に認められる。









植林における鹿被害対策 <国有林>

対策事例・実績


設置場所 : 高知県四万十町
設置年月 : 平成22年2月
設置距離 : 5,100m

以下は、林における鹿被害対策 <国有林>の事例です。
●植林後の苗木の捕食。
●土壌の浸食。

●設置後、シカがかかるが侵入はナシ。
●高強力繊維を利用によって落雷の心配を避ける。

植林における鹿(+兎)被害対策 <林業振興会>

対策事例・実績


設置場所 : 愛媛県県久万高原町
設置年月 : 平成23年4月
設置距離 : 1,800m

以下は、植林における鹿(+兎)被害対策の事例です。
●若木を兎に食べられていた。
v●ステンレス入り+スカートネット+兎対策ネット
●兎対策に50cm高さのラッセル網を使用。

WORKS サル

柿のサル対策



対策事例・実績

設置場所 : 愛媛県宇和島市
設置年月 : 平成19年9月
設置距離 : 160m

以下は、柿のサル対策事例です。

●初期設置のとき、屋根や電柱からの侵入が心配されたが、案の定、そこから侵入。


●改良し、侵入を阻止する。それ以後は、大きく荒らした後はない。
●県事務所と取組む。

ブロッコリーのサル対策

対策事例・実績

設置場所 : 愛媛県愛南町
設置年月 : 平成21年9月
設置距離 : 90m

以下は、ブロッコリーのサル対策事例です。

●前年、サルの被害が多かったので設置。




●設置した年は、サル自体の姿も見えず被害はなかった。
●県事務所と取組む。
●花火による追い払いも実演。










水稲のサル対策リード

対策事例・実績

設置場所 : 高知県土佐清水市
設置年月 : 平成23年7月
設置距離 : 60m

以下は、水稲のサル対策リードの設置事例です。
●電柵を設置していた。より強固になった。


●設置の際、下部の固定をしっかりしていなかったので、そこから侵入。
●網から手を入れて届く範囲の米をとって食べていた。
●下部を固定すると、その後の侵入はなくなった。
●秋の作物の畑に設置移動の予定。
●行政との取り組。ハードとソフトで協力。

野菜のサル対策



対策事例・実績

設置場所 : 大分県別府市
設置年月 : 平成23年7月
設置距離 : 60m

以下は、野菜のサル対策の事例です。
●食い荒らされ、何も取れなかった。


●デモ設置。ナス畑。
●現地・集会所にて説明。
●8月30日(約2カ月)周りのナス・柿はサルの被害アリ。柵内は被害ナシ。
●別府市から要請。

WORKS トリ

デコポン・
清見のヒヨドリ対策



対策事例・実績

設置場所: 愛媛県南宇和郡愛南町
設置年月: 平成7年11月
設置面積: 2,916㎡

以下は、デコポン・清見のヒヨドリ対策の事例です。
実は、1年前にテグス網を設置。被害対策には問題なかったが、耐久性・強度に難点あり、ポリエチレンの網に変更する。
●丈夫で耐久性のある網を研究し設置。いまだ使用中。
●防鳥網なので、隙間さえなくせば完全に防げる。
●積雪が少ない地域なので恒久的に設置可能。

ブルーベリーのスズメ対策



対策事例・実績

設置場所: 愛媛県宇和島市吉田 設置年月: 平成21年1月 設置面積: 2,169㎡

以下は、ブルーベリーのスズメ対策の事例です。
網を設置しなければ、ほぼ全滅状態。今まで、市販の網ですぐ破れる。何度も設置し手間取っていた。
●パイプを張りネットを被せる。 ●風には要注意である。










梨のカラス対策



対策事例・実績

設置場所 : 佐賀県小城市
設置年月 : 平成23年2月
設置面積 : 74,000㎡

以下は、梨のカラス対策の事例です。
一昨年、カラス被害が甚大であった。ようやく今年補助事業にて設置。丈夫なものを求めた。
●被害は激減。喜ばれている。

新高梨のカラス対策



対策事例・実績

設置場所 : 高知県高知市
設置年月 : 平成23年4月施工
設置面積 : 23,630㎡

以下は、新高梨のカラス対策の事例です。
以前は、爆音機を設置。山々に音がこだまし騒音公害を及ぼしていた。
●設置後、被害はほぼない。防鳥網と糸を張り巡らす。糸は、126,000m。
●カラス追い払い隊も活躍している。絶えず注意して、侵入を阻止している。
●カラス被害が多いので、捕獲もしている。

池の鳥対策



対策事例・実績

設置場所: 愛媛県南宇和郡愛南町
設置年月: --
設置面積: --

以下は、池の鳥対策の事例です。
ゴイサギの被害が多く観賞用鯉を傷つけられたり、食べられてしまう被害が多かった。
●網と樹脂線を立て横にはり、固定した。
●鯛も安心して泳げるようになり、高価な観賞用鯛の飼育や養殖にも一役買っている。

ブロッコリの
ヒヨドリ対策

対策事例・実績

設置場所: 高知県土佐清水市三崎
設置年月: 平成25年1月29日
設置面積: 1296㎡

以下は、ブロッコリーの鳥対策の事例です。
ヒヨドリの群れによる食害。
●最初、簡易に設置していたら、網と網のつなぎ目から侵入。あわててしっかり隙間なく設置すると、その後は被害ナシ。

PROFILE

Director

HIDENORI TANAKA



田中 秀典

三友漁網有限会社 代表取締役

大学卒業後、父親の経営する三友漁網へ入社。 ロープ製造会社・養殖業者にて、現場研修を行い、作る側と使う側の立場にたった商品を販売する大切さを学ぶ。

のちに水産の個人事業者、刺網漁網の営業販売を担当。地元農家からの鳥獣被害の話をきっかけに、生産農家の現場の声に沿った防獣網の開発・ 販売を開始。獣害対策ネットの先駆けとなる人気商品に。

ワープロとコピー機を駆使してDM販売する時代を経て、現在はインターネットの普及によりHPをベースに活動が全国規模に。

自社開発の【通せんぼネット】のブランドを、地元愛媛県から全国の市町村、生産農家、個人のお客様へ発信、販売を行う。

今後も【網には網の長所を生かした役割】と網の専門家として現場の声をとりいれた製品販売を追求する。


CONTACT

お名前

お名前フリガナ

法人名(法人の場合)

法人名フリガナ

郵便番号

-

都道府県

ご住所

メールアドレス

電話番号

- -

お問い合わせ分野

お問い合わせ内容




害獣たちから大切な農作物を守るとおせんぼnetは、誰もが簡単に設置できるよう研究された防護網です

鳥や獣の大きさや生態に合わせて、網の求められる強さや耐久年数、重さや価格を考え製品としました。
愛媛の田舎から、現場の声で鳥獣害対策が始まりました。生産者の笑顔が私たちの喜びです。北は、北海道。南は、沖縄までお送りしています。

新着情報・お知らせ


もっと見る

Scroll Up