無料 商品サンプル送ります!!

設置方法について

シカ通せんぼの設置の流れ

シカ通せんぼの設置の方法とそのポイントについて説明します。
高い杭を利用しますので、専用のハンマーを利用します。貸し出しも行っておりますのでお気軽にご連絡ください。
動画でもご覧いただけますので、実際の設置の
参考にして下さい。

設置のポイントはコチラ
ページの先頭へ

シカ通せんぼの設置に必要なもの

  • 杭

  • シカ通せんぼ

    シカ通せんぼ

  • プラアンカー

    プラアンカー

  • 結束バンド

    結束バンド

  • その他道具 ハンマー 鹿用ハンマー ハサミ 軍手
ページの先頭へ

設置の流れとポイント

杭を打って設置

杭を打って設置

杭は、約4m~5m間隔で設置してください。距離の目安は杭2本分、高さは180cm前後にしてください。シカはジャンプ力が高いので、高さが必要です。

ポイント!

設置前、杭をどれくらい打ち付けるか印を付けると高さが
統一されます。

  • 鹿用ハンマーを先に被せておきます。
    arrow
    鹿用ハンマーを先に被せておきます。
  • ハンマーの両脇の取っ手をつかみ強く下へ打ち付けます。
    arrow
    ハンマーの両脇の取っ手をつかみ強く下へ打ち付けます。
  • かなりの重量がありますので取り扱いにはご注意ください。 かなりの重量がありますので取り扱いにはご注意ください。

通せんぼネットを杭にくくりつける

通せんぼネットを杭にくくりつける

通せんぼネットの端を杭にくくりつけます。網を拡げる際は、ロープが付いている方を上に拡げていきます。徳利結びにて固定していきます。 杭によっては、輪になったキャップがついていたり、引っかけがあります。予算や用途にあった選択しご利用ください。

ポイント!

FRP杭の場合

  • 紐の輪になっている部分を穴に通します。
    arrow
    紐の輪になっている部分を穴に通します。
  • 通した紐の輪を広げます。
    arrow
    通した紐の輪を拡げます。
  • 広げた輪を杭の頭部分に引っ掛けてください。 拡げた輪を杭の頭部分に引っ掛けてください。

網を拡げて設置

網を広げて設置

網は外側に垂らします。杭にロープを止めていって下さい。
赤い印テープがついているロープの端がスタートです。

ポイント!

杭は、約4m~5m感覚で、高さを1.8メートル位に設置してください。

  • 縦に拡げ、白色のリボンを外します。
    arrow
    縦に拡げ、白色のリボンを外します。
  • 赤い印がある方がスタートになります。
    arrow
    赤い印がある方がスタートになります。
  • 杭のキャップに絡めながら拡げていきます。 杭のキャップに絡めながら拡げていきます。

杭と網を固定、次の網に繋ぐ

杭と網を固定、次の網に繋ぐ

網を張り終えたら、杭に固定していきます。網と網を繋げる時も、網の端に付いている赤い紐で固定して下さい。

ポイント!
ポイント!

この紐で網と網を繋ぐことで、どんな距離にも対応できます。
赤い紐だけでは固定が充分でない場合、結束バンド等を利用してしっかりと止めてください。
杭と網の固定は、杭1本につき2~3箇所ほど止めてください。

アンカーを打って完成

アンカーを打って完成

プラアンカーを打って、更に地面と網を固定します。これで進入が難しい防護網が完成します。 隙間なく設置することがポイントです。

ポイント!

小さい隙間があれば、安価で簡易な210mm長さのアンカーで補足してください。
プラアンカーには「返し」がついています。そのため、一度固定をすると人の手ではなかなか抜くことが難しいほどしっかりと固定されます。 シカ対策は万全ですが、誤ってきつく網を張りがちになってしまい、張り直しをしようとした時に抜けにくい状態になりますので、余裕を持って設置してください。

ページの先頭へ

対策事例・実績

お問い合わせ・ご質問はこちら
  • 電話番号0895-73-7311
  • FAX0895-73-7312 FAX注文用紙
ショッピングサイト
  • イノシシ通せんぼ
  • サル通せんぼ
  • 黒色強力防鳥網