無料 商品サンプル送ります!!

鹿の被害にあってしまった場合には、どのような対策が必要でしょうか?

鹿はわずかな毒性を持つ植物を除き、ほとんどの植物を食べることができます。
そのため、鹿による食害は農作物に限らず、林業の苗木や果樹園などの食害も多くの問題を抱えている方は少なくありません。
林地での鹿の食害対策は、金網柵よりネット柵や苗木一本一本保護するヘキサチューブなどが使用されています。

鹿の被害対策

鹿対策 シカ通せんぼ 商品の特長

鹿対策 シカ通せんぼ 商品の特長

噛み切られにくするため、補強にステンレスや強繊維など
入れたものなど、多種多様となっています。

シカ通せんぼは噛み切られにくするため、補強にステンレスや強繊維などをネットに入れたものなど、多種多様となっています。鹿は、最大1.8mジャンプすると言われています。
よって、それ以上にネットの高さを張って下さい。あまったネットは外側に垂らします。
鹿に限らず、獣はまず下からの進入を心がけます。
ネットを垂らしていることで、鹿の侵入を阻止すると同時にネットが足にまとわりつき嫌がります。
シカ通せんぼの上部には、ロープが付けてありますので、設置の際はロープを広げて下さい。
ネットが自然に広がり、簡単に設置することができます。
別荘・山寺・公園・ゴルフ場・大学演習林など鹿被害対策に、ぜひ「シカ通せんぼ」はいかがでしょうか。

ページの先頭へ
 

よくあるご質問

  • シカ通せんぼの他社製品との
    一番の違いは何ですか?
  • 一番は、加工の仕方の違いです。
    1m間隔に留めているので、一目一目留めているものとは違い、負荷がかかったとき、力が分散され、破損しにくくなります。
もっと見る
ページの先頭へ
 

商品の一覧

ページの先頭へ
 

お問い合わせ・ご質問はこちら
  • 電話番号0895-73-7311
  • FAX0895-73-7312 FAX注文用紙
ショッピングサイト
  • イノシシ通せんぼ
  • サル通せんぼ
  • 黒色強力防鳥網